一茶記念館ホームページに戻る

メニュー

開館期間
3月20日~11月30日(通常営業)
休館日 5,6,9,10月末日(土・日に当たる場合は翌月曜日)、年末年始
※12月1日~3月19日の間も年末年始を除き
 平日のみ見学可能。
開館時間
午前9:00~午後5:00
入館料
おとな(高校生以上) 500円(450円)
こども(小中学生) 300円(260円)
※( )内は20名以上の団体料金
※冬期間は半額
 (おとな250円・こども150円)

※障がい者手帳ご提示の方と、
 付添いの方1名まで半額

信州高山村一茶ゆかりの里一茶館交換展「高山村の一茶」

会期:令和2年9月19日(土)~11月29日(日)

小林一茶のふるさと柏原に建つ、当一茶記念館ですが、高山村(長野県上高井郡)にも、一茶の博物館「一茶ゆかりの里一茶館」があります。同館は、高山村の一茶の有力門人久保田春耕の家に代々伝わった貴重な一茶資料の展示を中核に、平成8年に建設されました。今回、初めてその貴重な資料をお借りした特別展を開催します。 高山村には、家族ぐるみで俳諧に親しんだ久保田家の春耕、妻成布、子の五郁、その妻柳志(紫)の他にも中村皐鳥(千本松)、梨本牧人・稲長(堀之内)という門人がおり、一茶は合わせて172泊もこの村で過ごしています。 本特別展では、「父の終焉日記」をはじめとした貴重な一茶資料や、他にほとんど現存しない一茶門人の短冊コレクションなど、一茶館所蔵の貴重な資料を展示するとともに、一茶と高山村とのゆかりを多面的に紹介します。

開館期間
3月20日~11月30日(通常営業)
休館日 5,6,9,10月末日(土・日に当たる場合は翌月曜日)、年末年始
※12月1日~3月19日の間も年末年始を除き
 平日のみ見学可能。
開館時間
午前9:00~午後5:00
入館料
おとな(高校生以上) 500円(450円)
こども(小中学生) 300円(260円)
※( )内は20名以上の団体料金
※冬期間は半額
 (おとな250円・こども150円)

※障がい者手帳ご提示の方と、
 付添いの方1名まで半額