千代女肖像

千代女の里俳句館交換展示「加賀の千代女」

会期:9月16日(金)~11月27日(日)

平成14年から交流を続けている、石川県白山市の千代女の里俳句館との交換展示。「朝顔やつるべとられてもらひ水」の句で有名な加賀の千代女は、一茶より60年早く生まれた女流俳人で、当時高い評価を受けていました。本企画展では、同館所蔵の貴重な作品をご覧いただきます。また、同市在住で、歴史小説の挿絵でおなじみの、西のぼるさんが手掛けた千代女の作品も展示予定です。

一茶記念館ホームページに戻る

banner_junior

banner_high

開館期間と休館日
3月20日~11月30日(通常営業)
休館日・年末年始
※12月1日~3月19日の間も年末年始を除き
 見学可能。 但し、土・日・祝日は要予約。
 見学希望者は事前に電話
 (026-255-3741)にご連絡ください。
開館時間
午前9:00~午後5:00
入館料
おとな(高校生以上) 500円(450円)
こども(小中学生) 300円(260円)
※( )内は20名以上の団体料金
※冬期間は半額
 (おとな250円・こども150円)

※障がい者手帳ご提示の方と、
 付添いの方1名まで半額