IMG_5727s

一茶の江戸暮らし

会期:7月8日(金)~9月11日(日)

西国修行の旅から帰った一茶は、江戸で多数の有力な俳人たちと交流し、「一茶調」を確立しました。折しも江戸は、町人文化の興隆時期。歌舞伎見物、寺院参拝、花見に紅葉狩りといった、様々な娯楽が庶民の間で流行し、一茶もそれらを堪能していました。一茶の日記、俳人たちとの交遊を示す手紙や書物、当時の江戸の様子を知れる「江戸名所図会」等、様々な資料から、当時の江戸の雰囲気と、一茶の暮らしぶりをご紹介します。

一茶記念館ホームページに戻る

banner_junior

banner_high

開館期間と休館日
3月20日~11月30日(通常営業)
休館日・年末年始
※12月1日~3月19日の間も年末年始を除き
 見学可能。 但し、土・日・祝日は要予約。
 見学希望者は事前に電話
 (026-255-3741)にご連絡ください。
開館時間
午前9:00~午後5:00
入館料
おとな(高校生以上) 500円(450円)
こども(小中学生) 300円(260円)
※( )内は20名以上の団体料金
※冬期間は半額
 (おとな250円・こども150円)

※障がい者手帳ご提示の方と、
 付添いの方1名まで半額