記念館の紹介

一茶記念館

新館外観

新館外観

長野県北部、信濃町柏原に生まれた俳人小林一茶は、晩年ふるさとで暮らしました。一茶終焉の土蔵が国史跡に指定されたのを記念して、1960(昭和35)年、一茶の墓のある小丸山に開館しました。2003(平成15)年4月新館となり、一茶の生涯と文学・一茶のふるさと・一茶顕彰などを展示し、あわせて、一茶忌全国俳句大会や一茶講座などの、一茶や俳句に関する様々な学習活動を行っています。

常設展示室

柏原宿模型コーナー(常設展示室)

柏原宿模型コーナー(常設展示室)

一茶が書き残した数多くの作品を中心に一茶の生涯と文学を紹介します。一茶が過ごした北国街道柏原宿は、模型とアニメで紹介しています。

一茶俳句の世界
一茶像や、一茶の代表句を通して、一茶俳句の世界へいざないます。

一茶の生涯
1.俳人一茶の誕生 2.江戸の漂泊俳人
3.北信濃の宗匠 4.晩年の一茶

一茶自筆扇面 うまさふな雪やふふはりふふはりと

一茶自筆扇面 うまさふな雪やふふはりふふはりと

一茶のふるさと
1. 北国街道の宿場 2.ふるさとの村々
一茶とともに生きた人々のくらしを、さまざまな資料で紹介します。

一茶を愛した人々
一茶顕彰につくした人々、一茶の里を訪れた人々の作品、一茶忌俳句大会の歩みを紹介します。

(映像コーナー)「信濃の一茶さん」
一茶がめぐった北信濃とふるさとの四季を紹介します。

一茶ものがたり(アニメ)
一茶さんの伝記をアニメーションでごらんください。

俳句を楽しむ
クイズ・俳句すごろくなどのゲームに挑戦してみましょう。

民俗資料棟

いろり(民俗資料棟)

いろり(民俗資料棟)

江戸時代後期に建てられた宿場の民家を移築改装して展示棟にしています。一茶のふるさとのさまざまな民俗資料を展示し、なかでも、雪深い北信濃のくらしを伝える雪にかかわる生活資料や、きびしい気候風土の中から発達した「信州鎌」の鍛冶場を復元しています。

施設利用

和室

和室

閲覧室
一茶関係図書などの閲覧ができます。

研修室:和室
記念館主催の行事だけでなく、俳句会・各種研修等学習活動にご利用できます。

一茶記念館ホームページに戻る

banner_high

開館期間と休館日
3月20日~11月30日(通常営業)
休館日・年末年始
※12月1日~3月19日の間も年末年始を除き
 見学可能。 但し、土・日・祝日は要予約。
 見学希望者は事前に電話
 (026-255-3741)にご連絡ください。
開館時間
午前9:00~午後5:00
入館料
おとな(高校生以上) 500円(450円)
こども(小中学生) 300円(260円)
※( )内は20名以上の団体料金
※冬期間は半額
 (おとな250円・こども150円)

※障がい者手帳ご提示の方と、
 付添いの方1名まで半額