ミュージアムグッズ

一茶記念館で販売しているグッズをご紹介しています。
地方発送も承っております。お支払いは郵便振替で後払い、振込手数料・送料をご負担いただきます。
ご希望の方は一茶記念館へお問い合わせください。

アーカイブ

一茶てぬぐい

価格:520円

「雀の子そこのけそこのけ御馬が通る」など雀の句をあしらった粋な手拭いです。東京日本橋「戸田屋商店」さん製作の本格派手拭いです。

新色:緑色ができました

切り絵一筆箋

価格:300円

切り絵作家横倉絹枝さんの、ネコと一茶俳句をモチーフにした作品を使った一筆箋。タテ・ヨコ別々の、4種類の作品が楽しめます。

タテ版・ヨコ版 各40枚

一茶大事典

価格:6480円

一茶の事跡を多角的に集成した事典。詳細な年表、代表句の一覧、俳文、書簡、著作解題、関係人物、関係地域の紹介、研究史、文献目録等を収録。一茶について調べる方必携の書

矢羽勝幸著

大修館書店

日本の作家100人 人と文学 小林一茶

価格:2160円

一茶研究の第一人者矢羽勝幸氏による、小林一茶の評伝決定版。最新の研究成果を元に、簡潔かつ平易な文章で一茶の事跡を追っており、一茶の実像を知りたい方必読です。

矢羽勝幸著

勉誠出版

ひねくれ一茶

価格:926円

田辺聖子が愛着を込めて描いた一茶の人間像。吉川栄治文学賞を受賞した代表作。

田辺聖子 著

講談社文庫

藤沢周平「一茶」

価格:628円

下級武士や庶民を描いた時代小説作家藤沢周平による、人間一茶の赤裸々な姿を描いた伝記小説。

藤沢周平 著

文春文庫

俳聖かるた

価格:1000円

芭蕉・去来・蕪村・一茶、4人の俳句と素朴なイラストによるかるたです。全国でも、この4人にゆかりの施設などでしか手に入らないかるたです。

一茶 おらが春板画巻

価格:1944円

千曲市在住の板画作家森貘郎さんが描く、「おらが春」の世界。

森さんの板画と、矢羽勝幸先生監修による現代語訳で、一茶の代表作である「おらが春」を読むことができます。愛娘さとへの愛情と死の悲しみ、まま子という境遇の辛さ、仏教への帰依と、「あなたまかせ」の境地。一茶晩年の心情がありありと描かれた作品です。

板画・現代語訳 森貘郎 監修・解説 矢羽勝幸

信濃毎日新聞社刊

続四季の一茶

価格:1620円

「四季の一茶」に続く第2弾。平成26年に信濃毎日新聞一面に連載された、一茶の俳句とその解説をまとめた一冊です。解説は一茶研究の第一人者矢羽勝幸氏。イラストは庄村友里さん。有名な俳句から、あまり知られていないけれどユニークで楽しい俳句まで、季節ごとの一茶の句を楽しめます。

矢羽勝幸 著 庄村友里 絵

信濃毎日新聞社