一茶記念館ホームページに戻る

メニュー

開館期間と休館日
3月20日~11月30日(通常営業)
休館日 5,6,9,10月末日(土・日に当たるの場合は翌月曜日)、年末年始
※12月1日~3月19日の間も年末年始を除き
 見学可能。 但し、土・日・祝日は要予約。
 見学希望者は事前に電話
 (026-255-3741)にご連絡ください。
開館時間
午前9:00~午後5:00
入館料
おとな(高校生以上) 500円(450円)
こども(小中学生) 300円(260円)
※( )内は20名以上の団体料金
※冬期間は半額
 (おとな250円・こども150円)

※障がい者手帳ご提示の方と、
 付添いの方1名まで半額

年間スケジュール

企画展スケジュール

一茶365+1きりえ ~柳沢京子の世界~

長野県を代表するきりえ作家柳沢京子さんは、1977年に切り絵による「一茶かるた」の刊行以来、一茶やふるさと信州を題材にした作品をはじめ、様々な作品を発表。日本、そして世界各地で個展を開催しています。柳沢さんの技法は「渋紙」という、薄い和紙を柿渋で貼り合わせた紙を切り抜くのが特色で、繊細でシャープな輪郭が、独特の味わいを生み出しています。

本企画展では、2017年に発表された『一茶365+1きりえ』の作品を中心に30点を展示します。同作は、1年365日と閏年の2月29日、計366日にちなんだきりえ作品に、一茶の句を合わせた作品集です。彩色された美しい切り絵と、一茶の句のコラボレーションをお楽しみください。

一茶記念館平成30年度前期パンフレット

一茶記念館講座

下記の日程で年4回開催します。ぜひご参加ください。
講座はいずれも土曜日で、時間は午後2時から4時です。なお、入館料(大人500円)が必要です。館内の見学もできますので、ゆっくりとご来館ください。

第1回 6月30日(土) 「一茶と二六庵」
矢羽勝幸氏(二松学舎大学客員教授)
第2回 7月28日(土) 「草も木も二百年をもひとっ飛び」
柳沢京子氏(きりえ作家)
第3回 9月15日(土) 「若き日の一茶」
大谷弘至氏(俳人 「古志」主宰)

第35回一茶まつり・小林一茶第17回全国小中学生俳句大会

5月5日(祝)

小林一茶192回忌全国俳句大会

11月19日(月)

開館期間と休館日
3月20日~11月30日(通常営業)
休館日・年末年始
※12月1日~3月19日の間も年末年始を除き
 見学可能。 但し、土・日・祝日は要予約。
 見学希望者は事前に電話
 (026-255-3741)にご連絡ください。
開館時間
午前9:00~午後5:00
入館料
おとな(高校生以上) 500円(450円)
こども(小中学生) 300円(260円)
※( )内は20名以上の団体料金
※冬期間は半額
 (おとな250円・こども150円)

※障がい者手帳ご提示の方と、
 付添いの方1名まで半額