一茶記念館ホームページに戻る

メニュー

開館期間と休館日
3月20日~11月30日(通常営業)
休館日 5,6,9,10月末日(土・日に当たるの場合は翌月曜日)、年末年始
※12月1日~3月19日の間も年末年始を除き
 見学可能。 但し、土・日・祝日は要予約。
 見学希望者は事前に電話
 (026-255-3741)にご連絡ください。
開館時間
午前9:00~午後5:00
入館料
おとな(高校生以上) 500円(450円)
こども(小中学生) 300円(260円)
※( )内は20名以上の団体料金
※冬期間は半額
 (おとな250円・こども150円)

※障がい者手帳ご提示の方と、
 付添いの方1名まで半額

一茶忌俳句大会

一茶忌俳句大会は、毎年5月から8月まで俳句募集を行い、「全国俳句大会作品集」にまとめています。
作品の発表は、一茶の命日11月19日です。下記の作品は、平成28年11月19日に行われた190回忌入選作品です。全国各地から3781句、高校生大学生部門862句が寄せられました。

一茶忌俳句大賞

一茶忌にみな来て鳴けよ夕蛙

長野県知事賞

星野濃きところは早瀬天の川

長野県教育委員会賞

空稲架をかりて家族の布団干す

信濃町長賞

分校の児童の数の雪達磨

信濃町教育委員会賞

あたたかき色をふやして山枯るる

長野県俳人協会賞

一茶の忌棒になるまで棕櫚帚

(公社)俳人協会長野県支部賞

一茶忌でなければ逢へぬ人と逢ふ

信濃毎日新聞社賞

自転車を五台もつぶし卒業す

NHK長野放送局賞

墓石の芯まで灼けて終戦日

SBC信越放送賞

掃きよせて火の立ちさうな落椿

NBS長野放送賞

案山子立つ北信五岳に手を広げ

TBSテレビ信州賞

母一人子ひとり籠の兜虫

abn長野朝日放送賞

百歳にまだまだ力雲の峰

一茶忌賞

飼馬のための大きな蝿叩き

風鈴をどこにも行けぬ母に吊る

 

 

高校生・大学生部門 最優秀賞

河童忌や闇に向かひて弓を引く

高校生・大学生部門 特選

扇風機つけてポラリスとの交信

季節外れの海鮮丼食ひて残雪

燕来る私が生きていれば来る

乳飲み子の匂い百日紅が咲いた

サングラス火を見れば火に照りゐたる

 

 

高校生・大学生部門 特選

黒板に桜描かれて散ることなし

蜥蜴の手電波時計が狂いけり

蒼天に雨のなごりや赤とんぼ

図書館に塩素の匂ひ空は秋

いぬふぐり笑ふと喉をこゑ湧いて

歳時記の埋まる本棚小鳥来る

肝試し夜空の星を辿りゆく

梅つけし母の交換日記かな

句になればごきぶりも好き蝿も好き

消しゴムの匂いは苺新学期

開館期間と休館日
3月20日~11月30日(通常営業)
休館日・年末年始
※12月1日~3月19日の間も年末年始を除き
 見学可能。 但し、土・日・祝日は要予約。
 見学希望者は事前に電話
 (026-255-3741)にご連絡ください。
開館時間
午前9:00~午後5:00
入館料
おとな(高校生以上) 500円(450円)
こども(小中学生) 300円(260円)
※( )内は20名以上の団体料金
※冬期間は半額
 (おとな250円・こども150円)

※障がい者手帳ご提示の方と、
 付添いの方1名まで半額